大阪発呉旅行・呉発大阪旅行それぞれのアクセス方法とおすすめスポット

大阪と中国地方は新幹線や高速道路でつながっており、短時間で行き来できるため大阪から中国地方または中国地方から大阪へ旅行に行く人がたくさんいます。その中で、広島県内に位置する瀬戸内海沿いの自治体・呉市は中国地方西部の中で高い人気を誇りますが、2つの地域はどうやって行き来したらよいのでしょうか?また、大阪・呉にはどんな魅力的なスポットがあるのでしょうか?

大阪(市・府)の概要

約880万人の人口を誇る近畿地方の大阪府は、神奈川県に続いて全国で3番目に人口が多い都道府県です。日本列島の中央に位置している事もあり、古くから貿易分野で栄えてきた歴史をもちます。人口TOP3は大阪市・堺市・東大阪市ですがダントツ1位は大阪市で、約270万人という人口は東京23区を除くと神奈川県横浜市(約370万人)に続いて全国2位です。

その大阪市は「天下の台所」という愛称・キャッチフレーズでよく知られていて、大阪府内でも特に商業・物流の中枢として大きな役割を果たしてきました。

戦後時代末期に大阪城が築城されてからは城下町としても栄え、明治時代に入ると大阪城のそばに大阪駅が開業し、この駅はターミナル駅として発展します。その後、東京五輪(1度目)開催の1964年に大阪駅の北側に新大阪駅ができてからは関東からのアクセス環境が良くなりました。

1972年には山陽新幹線の新大阪-岡山間、1975年には岡山‐博多間が開業した事により中国地方・九州地方からも来やすくなり、以降は観光分野でも栄え続けています。

呉市の概要

一方、呉市は約280万人の人口を誇る中国地方最大の都道府県・広島県内の都市です。22万人という人口は広島市(約120万人)・福山市(46万人)に続いて県内で3番目に多く、広島県を代表する都市の一つに数えられています。

場所的には県庁所在地である広島市の東隣に位置していて市の北西部は広島市と接しているほか南部は瀬戸内海に面しています。瀬戸内海に浮かぶ離島が多い事が特徴といえますが、呉市本体と大半の離島は橋でつながっており、船を利用しなくても行き来する事が可能です。

歴史としては貿易港・漁港ではなく、海軍の軍需工場ができた事により軍港として発達してきた歴史をもちます。その後、第二次大戦後は貿易都市・工業都市として発達してきました。なお、南部の各離島はもともと呉市の敷地ではなかったものの2000年代に入ってから各離島内に存在していた自治体を編入していき、大きく面積を広げます。

各離島には魅力的なスポットが多く、新生・呉市は大きな観光資源を得る事に成功しました。数々の有名人を輩出してきましたが一番有名であるのが、歌手の島谷ひとみさんです。彼女は倉橋島の北部に2000年代半ばまで存在していた旧音戸町の出身で、テレビ等で音戸や呉の魅力を語ってきました。

映像を交えてこの地域が紹介された事もあったため、国民的歌手である島谷ひとみさんのPRによって2000年代に国民の間での知名度が上がったところがあります。

大阪と呉を行き来する方法

大阪府内には新幹線の新大阪駅があり、特に大阪市内に住んでいる場合は新幹線に乗って全国各地に短時間でアクセスできます。一方、呉市は山陽新幹線が通る瀬戸内海沿いのエリアに位置しているものの市内を新幹線が通っていません。

ただし、西隣の広島市・東隣の東広島市内には山陽新幹線の駅があるため、そんなにアクセス環境の悪い都市ではありません。具体的には呉市と広島市はJR呉線でつながっており、例えば、JR呉線の快速電車に乗ると呉駅と広島駅を約35分で行き来する事が出来ます。

つまり、新大阪駅を起点とすると、山陽新幹線の広島駅を経由して呉市のJR呉駅に到着するまでの所要時間はわずか2時間から2時間半です。逆に呉駅のそばに住んでいれば大阪市まで2時間強で到着するため、大阪から呉または呉から大阪へ旅行にいくにあたっては日帰りも十分可能となっています。

なお、呉市の北東部に関しては東広島市のJR東広島駅のほうが明確に近く、例えば車を利用すると呉市北東部から30分前後で東広島駅まで到着します。新幹線・在来線利用時の新大阪-呉間の交通費は、指定席利用なら片道約10500円・往復約21000円です。

その他、大阪と呉市中心部は車でも行き来しやすい側面をもちます。具体的には大阪を出発した場合、山陽自動車道の広島東JCTを経由して広島市を通る高速道路、広島市と呉を結ぶ広島呉道路を通って、呉市街地の呉ICまで直通です。

例えば、大阪駅そばの梅田ICから呉ICまでは約350kmの距離があるものの渋滞に巻き込まれなければ所要時間は約4時間で済みます。しかも、交通費は片道約1万円・往復2万円程度です。途中で休憩時間を挟むとなると実質的な所要時間は5時間前後となりますが、日帰りは難しいものの2日間の休みがあれば1泊2日旅行を楽しむ事ができます。

『クラブやサークルの友人同士で楽しむ大阪旅行』

大阪市のおすすめスポット

呉市から大阪市に日帰りで遊びに行く場合、大阪駅の周辺にあるたくさんの魅力的なスポットを巡れます。その中で最もおすすめなのは大阪城(大阪城公園)で、こちらでは現存する天守閣の内部に入り、城の上のほうから周囲の景色を一望する事が出来ます。

また、アイドル劇場(NMB48)の公演は事前申し込み制のため当日券で鑑賞する事は出来ないものの、お笑い劇場で開催される公演は当日券で鑑賞する事も可能です。各劇場では週末だけでなく平日も昼から夜まで数回の公演が行われているため、平日の昼でも有名芸人さんを間近でみられます。

その他、日帰りではなく1泊・2泊の旅行をする際は、此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(U.S.J)に遊びに行くのがおすすめです。こちらのテーマパークは、大阪城を上回る人気を誇り、昼はもちろんのこと電飾が綺麗なため夜の時間帯も楽しめます。

『大阪旅行をする際の定番観光・行楽地やグルメ情報』

呉市のおすすめスポット

続いて大阪から呉に日帰りまたは泊りがけで旅行に行く場合のおすすめスポットをいくつか紹介します。まず日帰り旅行の際におすすめである市街地の名所としては、「大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)」が挙げられます。

こちらは呉市とのゆかりが深い海軍の歴史を知る事ができる博物館で、戦艦大和の1/10模型をはじめとして貴重な展示物を観て廻る事が可能です。また呉駅の約500m東に位置する「入船山記念館」もおすすめで、こちらでは国の重要文化財に指定されている旧呉鎮守府司令長官官舎を間近で見られます。

その他、泊りがけの旅行をする際は呉市の中心街と国道で繋がっている倉橋島まで遊びに行ってみてください。レンタカーを利用して海沿いの道路を走れば美しい瀬戸内海を眺めながらのドライブが出来ますし、海沿いには博物館をはじめとする観光スポットも点在しています。