大阪旅行で使いたい和室の旅館8選

西日本で最大の人口を誇る大都市・大阪には、ユニバーサルスタジオ・ジャパンをはじめさまざまな観光スポットがあり、多くの観光客が訪れます。そのため宿泊施設も多く、どこを予約したら良いのか、行く前に悩んでしまうという人も多いはず。

今回は、和室でゆっくりしたいという方向けに、人気の旅館を8つピックアップしました。

あまみ温泉南天苑

大阪駅から電車で1時間ほどの場所に位置する南天苑では、都会の喧騒を離れて落ち着いた時間を過ごすことができます。明治・大正を代表する建築家・辰野金吾氏が手掛けた建物は、数奇屋風の内装となっており、随所に侘び寂びを感じさせる佇まいとなっています。

また、季節ごとに異なる趣を見せる庭園も、訪れた多くの人々を魅了しています。南天苑では、大阪・天見の地で育った食材をふんだんに使った料理が供されます。季節ごとにメニューは異なり、何度訪れてもその時々の1品を堪能することができます。

食事のあとは、天然ラドンを豊富に含んだ天見温泉の湯が体の疲れを癒します。同旅館の温泉は、入浴することで強い発汗作用を促し、新陳代謝をたかめることで健康と美容にとても効果があることで知られています。

不死王閣

大阪市内から車で走ること30分、自然に囲まれた余野川のほとりに不死王閣は位置しています。同旅館の魅力は、なんといっても効能豊かな天然温泉です。じっくりと炭酸水素を含んだ天然ラジウム泉に浸かれば、肌に張りとツヤが現れるでしょう。

寝湯やサウナなど設備が充実しており、露天風呂が備え付けられた客室もあるので、好きなときに、好きなだけ温泉を楽しむことが可能です。湯上りの火照った体を迎えるのは、旅館の一押しでもある、黒毛和牛をふんだんに使った会席料理。

厳選された和牛を使った陶板焼きやしゃぶしゃぶ、牛たたきなどが供されます。朝食はバイキング形式となっており、和食だけでなく洋食のメニューも充実しています。

みのお山荘風の杜

みのお山荘・風の杜は、大阪市を一望できる高台に位置するモダンテイストな旅館です。客室からの眺めは絶景で、夜になると大阪市内の美しい夜景を見ることができ、評判を呼んでいます。

大浴場からも、絶景を楽しめる点が魅力的です。入浴後は、季節ごとの食材を用いた会席料理が待っています。特性のごまだれとポン酢で食べる黒毛和牛のしゃぶしゃぶが評判です。料理は1品ずつ、丁寧に供されるのが特徴となっています。

犬鳴山グランドホテル紀泉閣

犬鳴山グランドホテル・紀泉閣は、関西国際空港から車で30分の場所に位置しています。豊かな自然に囲まれた犬鳴山温泉にある同旅館では、泉州の美しい景観や料理を楽しむことができます。泉州特産の犬鳴ポークを使ったしゃぶしゃぶは人気メニューとなっています。

部屋はスタンダード和室(10~12.5畳)と露天風呂つき特別室・ささゆり(14畳)のほか、和室と洋室が合わさったの貴賓室・寿楽(20.5畳)というスイートルームがあります。

室内は間接照明を用いており、落ち着いた「和」を演出しています。

能勢温泉

大阪府の最北に位置する能勢温泉では、四季折々の移り変わりを感じることができます。大阪市から車で1時間ほどに位置する同旅館では、地元農家で採れた野菜を使用した料理が評判となっています。春は鯛、夏は鮎、秋は松茸、冬はカニと、旬の食材を用いた会席料理を食べることができます。

また、山里の澄んだ風を肌に感じることができる露天風呂も人気です。肌にやさしい、さらさらとした泉質の天然ラジウム温泉で、心も体もリフレッシュすることでしょう。食事と同様、温泉入浴だけの日帰りプランも用意されているのがうれしいところですね!季節限定のランチバイキングでは、焼肉などの食べ放題が行われるそうです。

大和屋本店

近鉄日本橋駅から歩くこと3分、道頓堀川の川べりに大和屋本店は位置しています。抜群のアクセスの良さを誇る同旅館は、ビジネスにも旅行にも、様々なシーンで活躍します。同旅館の魅力は、何といっても、木のぬくもりと機能美を兼ね備えた内装。

朝日放送系「大改造!!劇的ビフォーアフター」にも出演された建築家の故・倉橋英太郎氏により設計された客室は、使う人のためを考えて徹底的に機能的に、それでいてリラックスできる空間となっています。関西中の名物を味わうことができる料理も、同旅館の魅力のひとつ。

ふぐ、はも、神戸牛といった関西の代表的な味覚を楽しむことができます。

道頓堀川畔かねよし旅館

道頓堀川畔に位置するかねよし旅館は、大阪市内の観光に抜群のロケーションを誇っています。心斎橋、なんば、アメリカ村に徒歩で行くことができるほか、ユニバーサルスタジオ・ジャパンにも電車で30分と好アクセスが売りになっています。

客室は6畳、8畳、10畳、12畳の純和風づくりとなっており、全客室にバス・トイレが付属しています。

同旅館の大きな特徴として、夕食付の宿泊プランが無いことが挙げられます。これは、大阪屈指のグルメスポットである道頓堀川畔に位置していることから、お客様にさまざまな大阪の名物を楽しんでほしいという願いから来ているとのこと。せっかくの大阪観光なら、現地のグルメを思いっきり楽しみたいところですね!

『大阪旅行をする際の定番観光・行楽地やグルメ情報』

大江戸温泉物語箕面温泉箕面観光ホテル

全国展開する旅館グループ「大江戸温泉物語」の大阪支店です。同ホテルの魅力は、郊外の丘の上に建っているため、大阪平野を一望できる絶好のロケーションにあります。名物の天空露天風呂から見る夜景の美しさは筆舌に尽くしがたいものです。

四川料理の達人・陳建一やバイキング界の巨匠・高階孝晴がプロデュースしたバイキングのほか、期間限定のマグロ解体ショーなど、食事面でもこだわりを感じさせる内容です。また、館内の「箕面劇場」では大衆演劇の上演が行われます。

温泉でゆっくりと疲れを癒し、上質な食事に舌鼓を打った後は、演劇で思い切り心もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、大阪で人気の和室を持つ旅館を見てきました。市内の観光に適した旅館もあれば、静養に向いた山間部の旅館もあり、その実態はさまざまですね。和室=旅館というイメージがありますが、ホテルでも和室を持っているという所は珍しくありません。

予約するときはホームページなどで和室があるかどうかの確認をすると良いでしょう。